■上演プログラム
■ショーケース
■シンポジウム・トーク・レクチャー
>>>>>>>>
■とっとり体験プログラム
■芝居創りの現場のぞき体験
■鹿野町中おはなしラリー
■【プレ企画】
鳥の劇場09年度プログラム<いっしょにやるプログラム>
「舞台芸術の講座10 世界の演劇祭を知る」

シンポジウム「アーティストがつくる劇場〜可能性と突き当たる問題」

9月21日(月・祝)19:30〜
しかの心
料金:無料

鳥の劇場は、民間の劇場ですが、公共の劇場であろうとしています。地域の人たちに必要とされる場、劇場に来ない人にとっても必要であると思ってもらえる場を目指しています。他地域で同様の試みを継続しているお二方にお越しいただき、実践をご紹介いただきつつ、可能性と問題点を洗い出します。

パネリスト:大谷 燠(NPO法人DANCE BOX代表[兵庫])
杉山 準(NPO法人劇研理事/C.T.T.京都事務局代表 [京都])
中島諒人(NPO法人鳥の劇場代表理事 [鳥取])
ファシリテータ:志賀亮史(百景社主宰[茨城])

主催:特定非営利活動法人鳥の劇場

大谷 燠
大阪生まれ。91年から01年までTORII HALLプロデューサー。96年、「DANCE BOX」を立上げ、ジャンルを超えたコンテンポラリーダンスの公演・WSを年間約30本企画制作する。02年DANCE BOXをNPO法人化。大阪・新世界フェスティバルゲート内に大阪市との公設置民営の劇場「Art Theater dB」を開設し、アーティストの育成と地域社会とアートの新しい環境づくりに力を注ぐ。09年4月、神戸新長田に拠点を移し、ArtTheater dB神戸を開設する。

杉山 準
長野県飯田市生まれ。NPO法人劇研理事、C.T.T.京都事務局代表。95年C.T.T.という演劇試演会を定期的に行う会を開設。定期的な上演会を年6回〜11回のペースでプロデュースし、現在も継続中。現在名古屋、広島、大阪、岡山に事務局ができ各地の演劇人の交流、人材の育成、発掘を計る。00年文化庁在外研修生としてフランスへ派遣。京都の小劇場「アトリエ劇研」のプロデューサーを8年間つとめ、現在はその運営団体「NPO法人劇研」の理事、事務局長をつとめ、舞台芸術にかかわる各種事業を企画、制作している。

志賀亮史
1979年生。百景社主宰・演出。2000年に茨城県つくば市を活動拠点に百景社を結成、以後すべての百景社作品を演出。おもな演出作品に、イプセン「人形の家」、イヨネスコ「授業」、シェイクスピア「オセロー」、郡虎彦「道成寺」、チェーホフ「かもめ」、「熊」などがある。

トップページへ   広報物送付申込ページへ