■上演プログラム
■ショーケース
■シンポジウム・トーク・レクチャー
>>>>>>>>
■とっとり体験プログラム
■芝居創りの現場のぞき体験
■鹿野町中おはなしラリー
■【プレ企画】
鳥の劇場09年度プログラム<いっしょにやるプログラム>
「舞台芸術の講座10 世界の演劇祭を知る」

シンポジウム「寄付が変える市民社会・寄付が創る芸術文化 〜これからのファンドレイジング」

9月22日(火・祝)19:30〜
しかの心
料金:無料

ファンドレイズとは資金調達のことです。芸術活動の継続のためになくてはならないお金の調達を巡る問題を、いろいろな切り口で考えます。一般の方の参加も大歓迎です。

講師:徳永洋子(日本ファンドレイジング協会事務局次長)
青野智子(諏訪東京理科大学専任講師)
コーディネーター・司会:五島朋子(鳥取大学地域学部准教授)

主催:鳥取大学地域学部附属芸術文化センター「鳥取大学大学開放推進事業」
共催:特定非営利活動法人鳥の劇場

徳永洋子
聖心女子大学卒後、三菱商事に勤務。1998年から、社団法人日本フィランソロピー協会で視覚障害者向け録音図書のネット配信事業に従事。2000年よりNPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会で主にNPOのファンドレイジング力向上事業に従事。そのプロジェクトの一環として、日本ファンドレイジング協会設立準備を担当。2009年、同協会設立と同時に同協会事務局次長となる。

青野智子
諏訪東京理科大学講師。アメリカ演劇・文化政策。全米各地のリージョナルシアターにおいて調査をおこない、日米演劇の社会的・文化的基盤についての比較研究をすすめている。

五島朋子
長崎県生まれ。九州芸術工科大学大学院博士後期課程満期退学。八女市地域活動指導員、劇団「うずめ劇場」制作、活水女子大非常勤講師などを経て、2005年鳥取大学地域学部附属芸術文化センターに着任、現在に至る。演劇を中心とするアートマネジメント、地域劇場の運営、芸術文化によるまちづくりを研究と実践の柱とする。

トップページへ   広報物送付申込ページへ