■上演プログラム
>>>>>>>>
■ショーケース
■シンポジウム・トーク・レクチャー
■とっとり体験プログラム
■芝居創りの現場のぞき体験
■鹿野町中おはなしラリー
■【プレ企画】
鳥の劇場09年度プログラム<いっしょにやるプログラム>
「舞台芸術の講座10 世界の演劇祭を知る」

鳥取オペラ協会(日本・鳥取)   TOTTORI OPERA SOCIETY(TOTTORI, JAPAN)

『電話』  The Telephone
作・作曲:メノッティ  Written and composed by Gian Carlo Menotti
指揮・演出:西岡千秋  Conducted and directed by NISHIOKA Chiaki
9月5日(土)・6日(日)14:00 September 5th(Sat.) & 6th(Sun.) 2PM
鳥の劇場[スタジオ]  BIRD Theatre [Studio]
料金:大人/2,500円 中高生/500円 小学生/無料(未就学児入場不可)

演劇祭ディレクターより
鳥取オペラ協会は、鳥取でとても質の高い活動を続けているオペラをつくるグループです。今回は、出演者二人、ピアノ一つのシンプルなオペラを上演していただきます。男が婚約を申し込みに恋人の家へ行くのですが、彼の思いは、かかってくる電話に邪魔されます。二人のすれ違いをコミカルに描き、最後は大団円を迎えます。スタジオのコンパクトな空間で、オペラの楽しみを堪能してもらえます。

作品のあらすじ
男が婚約を申し込みに恋人の家へ行く。男の思いは、かかってくる電話にことごとく邪魔される。最後、男は恋人の家を去るのだが…。

寺内智子 Soprano
大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業。同専攻科終了。天野春美、E・ラッティ、伊藤京子の各氏に師事。1998年イタリアへ留学。「ラ・ボエーム」「フィガロの結婚」「カルメン」「魔笛」「ポラーノの広場」などのオペラに出演。第29回イタリア声楽コンコルソ金賞、第12回ABC新人オーディション最優秀賞、鳥取県声楽オーディション県知事賞など数々の賞を受賞。日本演奏連盟会員、関西二期会、鳥取オペラ協会会員。
吉田章一 Baritone
鳥取大学教育学部卒業。広島大学大学院学校教育研究科修了。小松英典、西岡千秋、佐藤晨、吉田征夫、平野弘子の各氏に師事。ソロ・コンサート、ジョイント・コンサートのほか、モーツァルトやフォーレのレクイエム、バッハのヨハネ受難曲、ヘンデルのメサイア、ベートーヴェンの第九などのソリストを務める。オペラでは「コシ・ファン・トゥッテ」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「ポラーノの広場」などに出演。淀江小学校勤務、鳥取オペラ協会理事。
西岡千秋
武蔵野音楽大学声楽科卒業。同大学院声楽専攻修了。市田キヨ子、疋田生治郎の各氏に師事。「コシ・ファン・トゥッテ」「フィガロの結婚」「魔笛」「ポラーノの広場」「アマールと夜の訪問者」などのオペラ、リサイタル、「アザレアのまち音楽祭」等にも出演している。鳥取大学地域学部附属芸術文化センター准教授、鳥取オペラ協会副会長、鳥取合唱連盟副理事長。

鳥取オペラ協会
鳥取オペラ協会は、県内のオペラ愛好家と演奏家が良質のオペラ公演を目指して結成。会員は歌手・オーケストラ・合唱・舞台関係者などの公演部門と、経済的支援を行う協賛会員で構成し、総勢120人の組織。設立当初、カウベルホールのフランチャイズ団体として、カウベルホールを活動拠点とし、専属のオーケストラを擁するオペラ団体として全国的に注目される。

●各回上演後に演出家、出演者によるアフタートークがあります

トップページへ   広報物送付申込ページへ