■上演プログラム
>>>>>>>>
■鳥の演劇祭ショーケース
■シンポジウム・トーク・レクチャー
■とっとり体験プログラム
■子どものためのワークショップ
■さよならにぎやかパレード
■鹿野町中おはなしラリー
 
演劇祭を楽しんでいただくために
スケジュール
会場へのアクセス
SCOT(日本・富山)
『お國と五平ー別冊 谷崎潤一郎』
演出:鈴木忠志 原作:谷崎潤一郎
9月11日(土)・12日(日)14:00
鳥の劇場[劇場]
料金:大人/2,500円 中高生/500円 小学生/無料
SUZUKI COMPANY OF TOGA【TOYAMA, JAPAN】
Okuni and GoheーBessatsu- Tanizaki Junichiro
Sep.11(Sat.) & 12(Sun.) 14:00

大義名分とは何か。お國への恋慕ゆえに、その夫を闇討ちにした友之丞。お國と家来の五平は仇討ちの旅に出る。その途中で不義の仲となる二人。大義名分の陰に隠された実が暴かれ、加害者と被害者が反転するが、さて、その結末はー。谷崎潤一郎が大正11年に歌舞伎のために書き、自ら演出もした戯曲『お國と五平』。洗練された言葉と俳優のエネルギーが放つ迫力によって、人間心理の深層を、鈴木忠志が現代劇として浮き彫りにする。

プログラムディレクターより
鈴木忠志さんのSCOTは、昨年の好評を受けて今年も上演をお願いしました。忠義と恋愛の間でねじれる人間関係を描いた歌舞伎のテクストが、鈴木さんの演出により、時代を越えた人間の心の実像をグロテスクにあらわにします。力強い声の響き、彫刻のような体、呼吸の制御の巧みさなど、演じる俳優の体をスポーツをみるように楽しめるのも魅力です。世界の巨匠の舞台です。お見逃しなく。

鈴木忠志
1939年静岡県清水市生まれ。66年、別役実、斉藤郁子、蔦森皓祐らとともにSCOT(SUZUKI COMPANY OF TOGA−旧名・早稲田小劇場)を創立。76年富山県利賀村に本拠地を移し、82年より世界演劇祭「利賀フェスティバル」を毎年開催。74年、岩波ホール芸術監督、88年、水戸芸術館芸術総監督を経て、95年に静岡県舞台芸術センター芸術総監督に就任(07年、退任)。シアター・オリンピックス国際委員。演劇人の全国組織・舞台芸術財団演劇人会議理事長。 ケンブリッジ大学が出版している20世紀を主導した演出家・劇作家21人のシリーズに、アジア人としてただ一人選ばれ、すでに『The Theatre of Suzuki Tadashi』として出版されている。

●11日(土)の上演後にスペシャルトーク(詳しくはこちら)、12日(日)の上演後にアフタートークがあります

トップページへ    広報物送付申込ページへ