■上演プログラム
>>>>>>>>
■鳥の演劇祭ショーケース
■シンポジウム・トーク・レクチャー
■とっとり体験プログラム
■子どものためのワークショップ
■さよならにぎやかパレード
■鹿野町中おはなしラリー
 
演劇祭を楽しんでいただくために
スケジュール
会場へのアクセス
撮影:米井美由紀
鳥の劇場(日本・鳥取)
『およそ七〇年前、鳥取でも戦争があった。戦争を知らないわたしは、その記憶をわたしの血肉にできるだろうか。』
構成・演出:中島諒人
9月24日(金)14:00・25日(土)17:00
鳥の劇場[スタジオ]
料金:大人/2,500円 中高生/500円 小学生/無料
BIRD Theatre Company TOTTORI【TOTTORI, JAPAN】
About 70 years ago, Tottori, too, experienced the war. Can I, without any experience of war, make the recollection a part of me?
Sep.24(Fri.) 14:00 & 25(Sun.) 17:00

鳥取の人の太平洋戦争の記憶がつづられた手記と、劇場のある鳥取市鹿野町出身の戦没者308名の方の名簿、スペインの作家アラバールの「戦場のピクニック」の3つで構成された作品です。4人の一般市民のみなさんと鳥の劇場の俳優でつくります。演劇のフィクションの力と実際にあったことが響き合って、怖さ、理不尽さ、悲しさ、無念さが浮かび上がります。

プログラムディレクターより
戦争のことを私たちは、頭ではたくさん知っています。どんな残酷も悲惨も、無慈悲も全く知らないことはないと言ってもいいでしょう。でも実際にその時間を生きていない私は、本当のところは何も知らない。少しでも知りたくて、知らなければいけないと思って、この芝居をつくってみました。若い世代の人たちにみてもらいたい作品です。

●各回上演後にアフタートークがあります

トップページへ    広報物送付申込ページへ