じゆう劇場 募集中

じゆう劇場 2019年度参加者・支援者募集

障がいのある人とない人がいっしょにお芝居を作り、県内外で上演します。2019年度の活動に向けて、出演者と支援者を募集します。また、活動へのご支援もお願いしています。

〈芸術監督からの言葉〉

障がいのある人もない人もいっしょになって、鳥の劇場の俳優・スタッフとともに演劇作品を作るのが、じゆう劇場です。誰でも参加できるオープンなものです。これは、じゆう劇場の活動において、一番大事にしていることです。もう一つ大事にしていることがあります。必死で作品作りをすることです。必死で取り組んで、楽しくておもしろくて同時に人間について深く考えさせる舞台を作ります。参加者に無理なことは求めませんが、できないと初めからあきらめることもしません。人間の可能性は無限だと考えているからです。無理せず、しかし全力でやります。
すごくハードルが高く感じられるかもしれません。大丈夫です。演劇経験がない人でも全く問題ありません。とりあえず様子をのぞいて見るだけというのもかまいません。少しでも興味のある人は、申し込んでください。あるいは、問い合わせをしてください。
今回は出演者とあわせて、稽古や上演、あるいは広報などなどを応援していただく支援者も募集します。障がいのある人の表現活動は、もっと普通のことになっていくべきなのですが、まだまだという部分が少なくありません。支援者の方に、可能な形でお手伝いいただきながら、この活動をより円滑に進め、より広がりのあるものにしていけたらと思っています。「何かしたい、何かできるかも」と思われる方は、ぜひお申し出ください。(鳥の劇場芸術監督 中島諒人)

募集について

【募集対象】

基本的に鳥取県在住の方、あるいは鳥取県へ通勤や通学をしている方で、参加意欲のある方であればどなたでも。(年齢、性別、障がいの有無、障がいの種類や程度、舞台経験の有無は問いません。)

【募集内容】

①出演者

②支援者(大道具、衣装、参加者のサポート、運営の手伝いなど。)

③お試し参加

【申込条件】

①原則としてすべての稽古と公演に参加できること。(本年は海外一ヶ所、県内二ヶ所の公演を予定)

②単発的なサポート、特技や技能に応じ限定した仕事内容でも可。(参加者の送迎や、ネットでの広報など)

③じゆう劇場の雰囲気や稽古の進め方を体験してから参加を決めたい方。

【選考方法】

応募者全員と面接を行います。面接時間は調整の上ご連絡します。

面接日:2019年5月19日(日) 会場:鳥の劇場

※都合が合わない方はご相談ください。

【活動予定】

稽古場所:鳥の劇場

※浜村駅から鳥の劇場までは送迎を行います。遠方の方もお気軽にご参加ください。

※稽古や公演参加にかかる交通費等は規定によりお支払いします。

稽古予定:初回稽古は2019年5月31日(金)。

以降、毎週金・土曜日を中心に定期的に行います。

※稽古時間は1日3時間半程度。開始時間は参加者と相談の上、決定します。

公演予定:

タイ・バンコク公演 2019年9月24日(火)〜30日(月)

鳥の演劇祭12公演 2019年11月16日(土)17日(日)

倉吉公演 2020年1月25日(土)

【申込方法】

こちらの申込書に必要事項を記入し、下記応募先へ郵送またはファックスして下さい。

②下記の必要事項をメールでお知らせください。※頂いた個人情報は、本事業以外には使用しません。

1.氏名(ふりがな)

2.性別

3.生年月日・年齢

4.希望内容(出演者・支援者・お試し参加のいずれか)

5.所属(学校、施設の名称)

6.連絡先 電話(自宅)/電話(携帯)/ファックス/電子メール

7.鳥の劇場への移動手段 自家用車・公共交通機関[バス・JR/区間(どこからどこまでか)]※鳥の劇場の最寄り駅とバス停は、[駅]JR浜村駅[バス停]立町(鹿野町)

8.保護者・所属の同意 氏名/応募者との関係

9.緊急連絡先 氏名/連絡先

10.応募動機(自己PR・好きなこと・得意なこと)

【応募先および問合せ先】

「じゆう劇場」募集係(担当:松本)

〒689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1 鳥の劇場内

電話・ファックス:0857-84-3268

電子メール:info@birdtheatre.org

【募集締切】

2019年5月10日(金)必着

 

募集チラシはこちら

〈じゆう劇場について〉

じゆう劇場は、特定非営利活動法人鳥の劇場プロデュースのもと、2013年8月に活動を開始したプロジェクトです。障がいのある人、ない人がいっしょに舞台を作り、日常では隠れがちなそれぞれの豊かさを発見し、観客と分かち合うことを目指しています。人間の「じゆう」について考えるためにこの名前にしました。継続的に作品を作り、鳥取県内や県外で作品を発表しています。

シェア