鳥の演劇祭 募集中Pick Up

若手の団体を支援します!

若手舞台芸術創作団体支援企画、公募しています。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により上演機会を失った、意欲ある若手舞台芸術創作団体(劇団やダンスカンパニーなど)を対象に、鳥の劇場と鳥の劇場運営委員会が、「鳥の演劇祭13(9月開催)内での作品上演機会を提供します。

 

上演機会の提供により創作活動の継続を支援し、また本上演において優れた実績を残した団体に対しては、来年度以降の鳥の劇場年間プログラムの中で、「若手舞台芸術家の成長支援」枠でのサポートを検討します。

 

詳しくは公募要領をご確認の上、ぜひご申請ください。

 

公募要領

【公募要領をダウンロードする】

 

鳥の演劇祭13 若手舞台芸術創作団体支援企画 

1. 公募の趣旨

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により上演機会を失った意欲ある若手舞台芸術創作団体を対象に、鳥の劇場と鳥の劇場運営委員会が「鳥の演劇祭13」内での作品上演機会を提供し、創作活動の継続を支援する。また、本上演において優れた実績を残した団体に対しては、来年度以降の鳥の劇場年間プログラムの中で、「若手舞台芸術家の成長支援」枠でのサポートを検討する。

 

<鳥の演劇祭13開催概要>

開催期間:2020年9月12日(土)・13日(日)、19日(土)〜22日(火・祝)、26日(土)・27日(日)

鳥取市鹿野町にある鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1)、及びその周辺において演劇作品の上演やワークショップを開催する。

2. 公募期間

2020年7月1日(水)〜14日(火)

3. 募集団体数

2団体(宿泊場所の関係で、1団体のメンバー数の上限を10名とする。)

4. 上演日時、会場等

日時:2020年9月26日(土)・27日(日) 各日1回、合計2回上演

会場:鳥の劇場前のグラウンドに仮設する野外舞台

 

• 上演日の予定のイメージ
9月23日(水) 鳥取in

9月24日(木) タイムシェアによる仕込み・リハーサル 18:00終了

9月25日(金) B団体ゲネプロ A団体ゲネプロ 18:00終了

9月26日(土) A団体上演10:30-12:00 飾り変え B団体上演16:00-17:30

9月27日(日) B団体上演10:30-12:00 飾り変え A団体上演16:00-17:30 撤収

9月28日(月) 鳥取out

 

• 上演については、以下の点に留意すること

※日中の野外上演なので照明は使えない。

※上演時間は90分を超えない。

※一つの会場を2団体がタイムシェアする形式で実施する。

※仕込み・リハーサルなどは9月24日(木)・25日(金)とし、タイムシェアで行う。

※舞台セットなどは飾り替えが短時間でできることを前提としたものである。

5. 公募対象

新型コロナウイルス感染症の影響により公演を中止し、公演機会を探している劇団/ダンスカンパニーなどで、次の条件を全て満たす団体や作品であること。

① 9月23日(水)に鳥取に移動し、9月26日(土)・27日(日)の両日とも上演が可能である。

② 中心メンバーが20代から30代の若手の創作団体である。

③ 2020年2月から7月頃にかけて上演が企画されていた作品である。

④ 感染症拡大の状況に応じて、適切な自己管理のもと鳥取に来訪できる。

⑤ 鳥取県での活動に興味があり、今後も鳥取県に関わりたいという意欲をもつ団体である。

6. 申請方法等

① 提出書類

「鳥の演劇祭13 若手舞台芸術創作団体支援企画 申請用紙」1部をPDFファイルにして下記メールアドレスに送付すること。

【申請用紙をダウンロードする】

 

② 提出方法

電子メール。7月14日(火) 24:00必着。

 

③ 提出先

電子メール:info@birdtheatre.org

7. 選考

提出書類、資料をもとに、芸術監督が選考を行う。

結果通知:7月19日(日)までに、申請した全ての団体に結果を通知。

8. 問合せ先

鳥の劇場 若手舞台芸術創作団体支援企画 担当

電話:0857-84-3268

電子メール:info@birdtheatre.org

9. 申込・上演にあたっての諸条件・注意事項

① 制作支援金

・採択された団体に対し、鳥の劇場より各団体に上限50万円を制作支援金として支払う。交通費、食費、その他上演にかかる経費などを含むが、使途は限定しない。

・宿泊費、会場費は鳥の劇場・鳥の劇場運営委員会が負担する。

 

② 交通手段、宿泊場所

・飛行機や自家用車など、鳥取市までの移動手段は問わない。公共交通機関を利用した際は、空港や駅から鳥の劇場までは鳥の劇場スタッフによる送迎を手配する。

・宿泊場所は基本的に鹿野町内の民泊を鳥の劇場が手配する。基本的に男女別室だが、一つの建物の中では一緒になる可能性がある。個室などの希望には添えない場合がある。

・鹿野町内に滞在中は、食事は基本的に自炊となる。(徒歩圏内に食料品店あり。)

 

③ チケット

・チケット代の売り上げは鳥の演劇祭の収入となる。

 

④ 舞台全般

・仕込み及びバラシの際の技術補助スタッフが必要な際は要相談。

・音響スタッフなど、本番のために必要な技術スタッフは上演団体が帯同する(鳥の劇場からの技術スタッフの提供はありません)。

・舞台備品や音響機材等は貸出も可能だが、数や種類に限りがあるため事前に要相談。

・稽古及びゲネプロは原則18時まで。

・当日の受付や客席誘導人員は鳥の劇場からスタッフを手配する。

10. その他

2020年9月9日(水)〜9月22日(火・祝)に開催される「豊岡演劇祭2020」において、フリンジ企画の公募が行われている。コロナ禍における若手舞台芸術家の支援という、同じ目的で実施される企画である。本公募と合わせて、同一上演内容での応募が可能。

 

申請用紙

【申請用紙をダウンロードする】

 

シェア