予約申込ペ−ジへ
鳥の劇場通信・チラシ郵送申込ペ−ジへ

予約申込ペ−ジへ
鳥の劇場通信・チラシ郵送申込ペ−ジへ


鳥の劇場 公式Twitter

鳥の劇場 公式facebook

鳥の劇場は、鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった小学校と幼稚園を劇場に変えて、2006年から演劇活動をしています。鳥の劇場という名前は、劇団名でもあり場の名前でもあります。劇場がただ演劇を愛好する人だけの場ではなくて、広く地域のみなさんに必要だと思ってもらえる場となることが、私たちの目標です。演劇創作を中心にすえて、国内・海外の優れた舞台作品の招聘、舞台芸術家との交流、他芸術ジャンルとの交流、教育普及活動などを行い、地域の発展に少しでも貢献したいと考えています。チケットの売上、サポ−タ−の方のご寄付、各種助成金、地元の方のご協力などにより活動が支えられています。

for Company Profile in English 07/08年秋冬プログラム 07年春のプログラム 2006年の記録 新聞・雑誌等での紹介
プレスリリ−ス 劇団/劇場資料  鳥の演劇祭(2008年開催) 実施の詳細 写真  実施報告書 2008年度活動報告書 前編 中編 後編
鳥の演劇祭2(2009年開催) 鳥の演劇祭3(2010年開催) 鳥の演劇祭4(2011年開催) 鳥の演劇祭5(2012年開催) 鳥の演劇祭6(2013年開催)

+++++++++++++++++++++++

鳥の劇場 2014年度 活動テーマ
劇場、未来に向けた共感の場としての。時間を越えて、国を越えて、障がいを越えて、年齢を越えて。

共感。人と人が喜びや怒りや悲しみや苦しみを共有する。他者の中の目に見えない思いを分かち合うことが、現在ほど困難になったことはなかったのではないか。かつては戦争や貧困を前提にした気持ちのつながりがあった。時代を経た社会の大きな変化の中で、一人ひとりの人間が、他人と思いを共有することできず孤立している。
鳥の劇場では、優れた名作戯曲を上演する。それは、過去の人や違う場所で暮らす人の思いを、生きたものとして目の前に引き出す。鳥の劇場には、多くの外国の舞台芸術家が滞在する。単なる交流ではなく、国際的な共同作業を行う。鳥の劇場では、障がいのある人の芝居作りの支援も行う。鳥の劇場では、教育のための学校現場との連携も進める。
今年も我々は、地域の中にある国際的に開かれた創作、発信、交流の場として、日本の舞台芸術の発展のために、地域の発展のために、独自の貢献を模索していく。

+++++++++++++++++++++++

2014年度 鳥の劇場 夏頃までの予定
4月26日(土)・28日(月)・29日(火・祝)・5月2日(金)・3日(土・祝) 鳥の劇場2014年度プログラム<創るプログラム> 大人も楽しめる子どものための上演 『セロ弾きのゴーシュ』『すてきな三にんぐみ』
5月13日(火)・14日(水) 第21回BeSeTo演劇祭招聘作品 日中韓俳優出演3ヵ国語版『セールスマンの死』(中国・廈門市)
5月18日(日) 西大寺子ども劇場【2014年5月低学年・高学年合同鑑賞会】『どろぼうがっこう』『アナンシと五』(西大寺緑化公園 百花プラザ多目的ホール)
6月27日(金)〜29日(日)・7月4日(金)〜6日(日) 鳥の劇場2014年度プログラム<創るプログラム> 『歌ふ古事記(仮)』

+++++++++++++++++++++++

鳥の劇場2014年度プログラム<創るプログラム> 大人も楽しめる子どものための上演 『セロ弾きのゴーシュ』『すてきな三にんぐみ』

ゴールデンウィークは
子どもと一緒に
劇場に行こう!

今年もこの時期に、子どものための上演をお送りします。二本の作品を用意しました。『セロ弾きのゴーシュ』は、チェロとピアノの生演奏でお送りする音楽劇。『すてきな三にんぐみ』は、最強の怪物三人組と小さな女の子の物語。両方とも上演時間60分程度。大人から子どもまで楽しめる、心に残るお芝居です。

『セロ弾きのゴーシュ』
 宮沢賢治の有名な物語。ゴーシュはチェロを弾くのが仕事。町の楽団に所属している。演奏のひどさを指揮者に責められ、練習を繰り返す。そんな彼のもとを、毎夜さまざまな動物が訪れる。
 作曲家の新倉健さんが、チェロとピアノの曲をつけて音楽劇としました。昨年度製作し、鳥取市の二つの小学校で試演会を実施しました。今回、劇場版として初演します。生演奏とともにお送りする可愛らしくて不可解な賢治ワールドです。
作:宮沢賢治 作曲:新倉健
2014年4月26日(土)13:00・28日(月)19:30・29日(火・祝)13:00・5月2日(金)19:30

『すてきな三にんぐみ』
 ラッパ銃、コショウ吹き付け、大まさかりを持った黒帽子の泥棒三人組。向かうところ敵なしの彼らは、略奪を繰り返し、財産をどんどんため込む。ある時、親をなくした女の子と出会い、なぜか彼女と野蛮人三人が一緒に暮らすことに。
 ある時少女は、野蛮人の膨大な蓄財を発見する。少女はその使い道をたずねるが、三人からは答えがない。思案の末に彼らが思いついたのは・・。
 前半は痛快な、そして最後は心温まる魅力的な物語です。
原作:トミー・アンゲラー
2014年4月26日(土)16:00・29日(火・祝)16:00・5月3日(土・祝)13:00/16:00

会場:鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野町 電話0857-84-3268)
【チケット】 各演目 大人:1,000円/高校生以下(未就学児を含みます):500円
※チケットの予約受付はこちらで、4月7日(月)10時から開始します

+++++++++++++++++++++++

暮らしとア−トとコノサキ計画

「暮らしとア−トとコノサキ計画」は、鳥取県内でさまざまな地域問題の解決に取り組むNPOが連携、協働して行うプロジェクトです。
NPOとア−ティストを結びつけ、地域の歴史・伝統・魅力・生活を見つめ、解決すべき課題に向き合い、いろいろな人たちとつながりながら、既存の枠組みにとらわれない新しいア−トイベントを実施します。
プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。

+++++++++++++++++++++++

2014年度プログラムへの後援・助成
後援
鳥取県 鳥取県教育委員会 鳥取市 鳥取市教育委員会 NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会 鳥取大学地域学部附属芸術文化センタ− 新日本海新聞社 株式会社ふるさと鹿野
助成
平成26年度文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業 公益財団法人福武財団 公益財団法人ごうぎん鳥取文化振興財団

+++++++++++++++++++++++

2014年度 鳥の劇場サポ−タ−を募集します。

【会  費】 一口:5,000円 複数口も歓迎です。
【特  典】 実績報告書の送付、活動報告会(毎年度末に予定)への参加
【期  間】 2014年4月1日から2015年3月31日まで
※会費は期間内のいつでもお受けいたします。
【お申込み】

■郵便局窓口でご入金の場合
【郵便振替口座 01300-1-58939 名義:特定非営利活動法人鳥の劇場】
※振替手数料はご負担ください。
※郵便局指定の用紙に、お名前、ご住所、お電話番号、お持ちでしたらメ−ルアドレスもご記入ください。入金確認後、会員証をご送付申し上げます。

■銀行振込、インタ−ネットバンキングでご入金の場合
下記の銀行口座へお振込みください。 お名前、電話番号を必ずご入力ください。
【ゆうちょ銀行 139(イチサンキュウ)支店 当座預金 0058939 特定非営利活動法人鳥の劇場】
【みずほ銀行 鳥取支店 普通預金 1718266 特定非営利活動法人鳥の劇場】
【鳥取銀行 本店営業部 普通預金 0269652 特定非営利活動法人鳥の劇場】
【山陰合同銀行 鳥取営業部 普通預金 3894187 特定非営利活動法人鳥の劇場】
【鳥取信用金庫 本店営業部 普通預金 0322825 特定非営利活動法人鳥の劇場】
※振込手数料はご負担ください。
※ご住所確認のために鳥の劇場からご連絡差し上げる場合がございます。入金確認後、会員証をご送付申し上げます。

■企業メセナ協議会の助成認定制度を利用した寄付について
2013年度分の受付は終了いたしました。
2014年度については、申請を予定していますので、結果がわかり次第お知らせいたします。

【サポーターに
関するお問合せ】
鳥の劇場(担当:高橋) 689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1
TEL・FAX (0857)84-3268 E-mail:info@birdtheatre.org

+++++++++++++++++++++++

“鳥の劇場”について
2006年1月、演出家・中島諒人を中心に設立。鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった幼稚園・小学校を劇場施設へ手作りリノベ−ション。収容数200人の“劇場”と80人の“スタジオ”をもつ。劇団の運営する劇場として、「創る」・「招く」・「いっしょ にやる」・「試みる」・「考える」の5本柱で年間プログラムを構成。現代劇の創作・上演と併行して、ワ−クショップ、優れた作品の招聘、レクチャ−などを実施する。

主な作品は、「老貴婦人の訪問」(デュレンマット)、「かもめ」 (チェ−ホフ)、「剣を鍛える話」(魯迅)、「誤解」(カミュ)、「熊野」・「葵上」(三島由紀夫)、「料理昇降機」(ピンタ−)など。

08年から地域や行政との協働による演劇祭「鳥の演劇祭」を実施。国際交流も進めており、韓国、タイ、台湾、ル−マニア、イギリス、イタリア、ベルギ−、アメリカなどのア−チストが活動。2010年は日中韓三国の演劇祭「BeSeTo演劇祭」も開催。舞台芸術家のための創作の拠点として、全国、海外に開かれた場となることを目指す。同時に、演劇・劇場にしかできないやり方での地域振興、教育分野への貢献のあり方を模索している。
2011年度国際交流基金地球市民賞受賞。

主宰:中島諒人 メンバ−:齊藤頼陽・中川玲奈・齋藤啓・赤羽三郎・村上里美・葛岡由衣・武中淳彦・高橋等・山本朋幸・中垣直久・中本絵美・石井俊祐・安田茉耶・生田正・岩菜緒・中島佳子

鳥の劇場 劇場/スタジオ(旧鹿野小学校体育館/旧鹿野幼稚園)
689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1 TEL・FAX (0857)84-3268
車用地図 鹿野町の案内 マピオンの地図
 ※会場の最寄り駅はJR浜村駅です。JR鳥取駅より約25分です。
 ※鳥取市街地より車で約30分です。会場近くには案内看板をお出しします。

 遠方からお越しの場合
 ※飛行機:東京・鳥取間を全日空が1日4往復運行しています。鳥取空港からは車で約20分です。
 ※高速バス:東京・大阪・神戸・京都・岡山・広島・福岡の各都市と鳥取駅の間を運行しています。
 ※JR:京都・大阪からはス−パ−はくとが、岡山からはス−パ−いなばが便利です。
  まずは鳥取駅を目指してください。
 (宿泊・観光に関するお問い合わせ:鹿野ゆめ本陣/0857-84-1711 山紫苑/0857-84-2211

事務所
680-0833 鳥取県鳥取市末広温泉町122-3F TEL・FAX (0857)23-2224 地図

電子メ−ル:info@birdtheatre.org
ウェブサイト:www.birdtheatre.org

+++++++++++++++++++++++

鹿野関連のサイト
NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会
ふるさと鹿野 観光情報
しかの人

+++++++++++++++++++++++
Copyright (C) 2006-2011 BIRD Theatre Company TOTTORI All Rights Reserved.無断転載を禁止します。