BeSeTo演劇祭26 + 鳥の演劇祭12

『芥川龍之介をめぐる3つの小作品』

Three small works on AKUTAGAWA Ryunosuke

日本
中国
韓国

日中韓三ヶ国国際共同製作

Japan-China-Korea International Collaborative Performance

日中韓の気鋭の若手演劇人によるオムニバス上演。
取り上げるのは、芥川龍之介の『河童』『地獄変』『闇中問答』。

詳細は下記をご覧ください。

『芥川龍之介をめぐる3つの小作品』

Three small works on AKUTAGAWA Ryunosuke

日本
中国
韓国

日中韓三ヶ国国際共同製作

Japan-China-Korea International Collaborative Performance

芥川龍之介をめぐる、日中韓三ヶ国の演出家と俳優たちによるオムニバス上演です。芥川の作品には、大陸由来の伝説や故事を基にしたものも多くあります。今回の三ヶ国国際共同制作では、芥川の作品をテーマに日中韓の気鋭の30代演出家と三ヶ国の俳優たちが鹿野町に三週間滞在し、三つの小作品を創作します。BeSeTo演劇祭ならではのオリジナル企画です。どうぞご期待ください。

原作:芥川龍之介

構成・演出:松村翔子(モメラス) 王剣男(中国国家話劇院) キム・ジョン(Project While)

振付:クォン・リョンウン

出演:黒川武彦 井神沙恵 滑国華 孫新雨 キム・スンイル キム・ジュヒ

日本演出家:松村翔子

十代より舞台俳優として東京の小劇場を中心に活動。2013年、演劇ユニット「モメラス」を結成し劇作・演出を始める。2017年、利賀演劇人コンクールにて優秀演出家賞一席受賞。 第62回(2018年)、第63回(2019年)岸田國士戯曲賞最終候補に選出。

中国演出家:王剣男

1982年生まれ、中央戯劇学院演出学科卒業。現在は中国国家話劇院の演出担当。演出作品の多くが中国優秀演出賞及び優秀作品賞を受賞している。

主な舞台演出作品に話劇『物理学者』、『海棠胡同』、『笑う男(中国・フランス合作)』、『I don’t want to sing alone(中国・シンガポール合作)』、『一諾千金』、『ピサの斜塔』、『趙氏孤児(中国・ギリシャ合作、演出助手担当)』、音楽話劇『故宅』、音楽劇『ジェーン・エア』、『鼓浪如歌』。

韓国演出家:キム・ジョン

多ジャンルのアーティストのコラボレーションによる新しい舞台言語の創造を目指し、俳優・演出家・作家・スタッフにより2014年に設立された「プロジェクト・ホワイル」のメンバー。真実で強度の強い物語を上演し、演劇だけがつくりだせる濃密な瞬間を共有しようとしている。

2017年、『お客さんたち』で第54回東亜演劇賞・新人演出賞受賞。2018年、第9回ドゥサン・アーティストアワードパフォーマンス部門受賞。

上演日時

  • 11月9日(土)13:00
  • 11月10日(日)13:00

11月

28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

会場

議場劇場

料金

  • 大人:2,500円
  • 18歳以下:500円
  • 小学生以下:無料

【助成】アーツカウンシルコリア

期間
2019年10月24日(木)~11月17日(日)
会場
  • 鳥の劇場
  • 鹿野往来交流館「童里夢」
  • 「議場劇場」
  • 旧小鷲河小学校体育館
  • 鹿野町総合福祉センター

BeSeTo演劇祭26

主催
  • 日本BeSeTo委員会
  • 公益財団法人舞台芸術財団演劇人会議
共催
助成
  • 文化庁文化庁文化芸術振興費補助金(国際芸術交流支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

鳥の演劇祭12

主催
共催
  • 鳥取県
  • 鳥取市
助成
  • 文化庁2019年度文化庁 文化芸術創造拠点形成事業