BeSeTo演劇祭26 + 鳥の演劇祭12

『赤とんぼよ 永遠に
〜露風の母 碧川かた物語〜

"AKATOMBO" the Red Dragonflies Forever:
the Story of MIDORIKAWA Kata, the Mother of Rofu

日本

露風の母物語実行委員会[兵庫]

"The Story of the Mother of Rofu" Exclusive Committee

詩人・三木露風の母で鳥取出身の碧川かた。
彼女の思いや生きざまに共感した、たつの市のみなさんによる市民劇。

詳細は下記をご覧ください。

『赤とんぼよ 永遠に 〜露風の母 碧川かた物語〜

"AKATOMBO" the Red Dragonflies Forever: the Story of MIDORIKAWA Kata, the Mother of Rofu

日本

露風の母物語実行委員会[兵庫]

"The Story of the Mother of Rofu" Exclusive Committee

女性の権利向上のために様々な活動を続けた碧川かたは、1869年に鳥取市で生まれ、現在の兵庫県たつの市に嫁ぎました。かたの生地鳥取にも、彼女の功績を引き継ごうとするする活動があり、鳥の劇場もリーディング公演のお手伝いをしたことがあります。男女平等や命の大切さを説いた彼女の思いや生きざまに共感した、たつののみなさんによる市民劇です。

作:浜田多代子

演出:松井麗子

出演:堀良尚 寳山かおる 表口亜衣 大塚政幸 藤田直幸 前田宣博 嶋津由美 加藤美紀

加藤大智 加藤理沙 宮脇彗生 高橋美千香 佐藤健琉 山本美希 長井小暖 浦杉智恵

はせなかりえ(劇団ソラシード) 妻鹿 達也(劇団ソラシード)

コヤマトモヤ(あかとんぼーいず) 西村祐貴(あかとんぼーいず)

宮脇舞(劇団Super Mountain’s CLUB) 橋爪亜紗子(劇団Super Mountain’s CLUB)

藤原数基(劇団Super Mountain’s CLUB) 田頭健樹(劇団Super Mountain’s CLUB/劇団レトルト内閣)

物語

16歳になったかたは龍野の三木節次郎に嫁ぎ、操(後の三木露風)と勉の二人の子供に恵まれたが、家庭をかえりみない節次郞の犠牲になるなと義父に離縁を言い渡される。かたは子どもを残し、鳥取に帰る。その後、東京の看護婦養成所に入学、碧川企救男と出会って再婚。企救男に共鳴し、婦人参政権運動へと突き進んでゆく。

「かた」の人生を上演するにあたり、この普通の、本当に小さな存在というか・・・。大きな世界の、激動の時代を生き抜いた彼女を駆り立てたものは一体なんだったんだろうと日々、自分に問いかけてきました。彼女は童謡「赤とんぼ」の作詞をした三木露風のお母さんでもあります。幼い露風との別れ、関東大震災、東京大空襲を受けてもなお、「悲しい人、苦しい人、病める人のお友だちになりたい」と市民の為に尽力してきた女性。知れば知るほど魅力的で興味深い「かた」。きっと底のない湖の様に愛情深い女性だったんだと思います。皆様にもかたの優しさ、強さ、そして愛情が届きます様に・・・・。

松井麗子

松井麗子

1972年、兵庫県たつの市生まれ。高校生の時、演劇に出会う。1990年アマチュア劇団を立ち上げ、俳優として舞台に立つ。2001年姫路市の播磨劇団協議会主催の舞台「二十世紀少年少女読本」(脚本:鄭義信)の演出で主人公を演じ、演じることの楽しさを学ぶ。「地元でもワクワクする様な体験をしてもらいたい。」と市民劇団に参加、演出を担当する様になる。

露風の母物語実行委員会

2017年、この台本の上演のために立ち上げられた団体。メンバーは“市民劇団わくわくプロジェクト”が主となり、たつの市民で構成されている。市民劇団わくわくプロジェクトは2008年に「子供から大人までわくわくとした気持ちで参加する」を基本に結成され、毎年1,2回の公演を行っている。

碧川かた(1869-1962)

現在の鳥取県湯梨浜町松崎出身。兵庫県龍野町の三木家に嫁ぐが、夫・節次郎の不貞が原因で離婚。自立を目指し東京帝国大学看護婦養成所に入所して、看護婦となる。その後、反軍・反権力の立場で様々な社会問題を論評したジャーナリストの碧川企救男と再婚。自身も婦人参政権運動に取り組むようになる。童謡「赤とんぼ」を作詞した詩人・三木露風は一人目の夫との間に生まれた子どもである。

上演日時

  • 11月9日(土)15:00
  • 11月10日(日)15:00

11月

28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

会場

鹿野町総合福祉センター

料金

  • 大人 1,000円
  • 18歳以下 500円
  • 小学生以下無料

【協力】市民劇団わくわくプロジェクト 龍野劇場プロジェクト 碧川かたを朝ドラの主人公にする会

期間
2019年10月24日(木)~11月17日(日)
会場
  • 鳥の劇場
  • 鹿野往来交流館「童里夢」
  • 「議場劇場」
  • 旧小鷲河小学校体育館
  • 鹿野町総合福祉センター

BeSeTo演劇祭26

主催
  • 日本BeSeTo委員会
  • 公益財団法人舞台芸術財団演劇人会議
共催
助成
  • 文化庁文化庁文化芸術振興費補助金(国際芸術交流支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

鳥の演劇祭12

主催
共催
  • 鳥取県
  • 鳥取市
助成
  • 文化庁2019年度文化庁 文化芸術創造拠点形成事業