BeSeTo演劇祭26 + 鳥の演劇祭12

『「マクベス」からさまよい出たもの』

Things Wandering off “Macbeth”

日本

じゆう劇場[鳥取]

JIYU Gekijo-Freedom Theatre

障がいのある人、ない人がいっしょになって、
シェイクスピアの名作から大まじめにはみ出します。
本作の主題は「野望」と「権力」。

詳細は下記をご覧ください。

『「マクベス」からさまよい出たもの』

Things Wandering off “Macbeth”

日本

じゆう劇場[鳥取]

JIYU Gekijo-Freedom Theatre

今年のじゆう劇場は、シェイクスピアの『マクベス』を題材に、「権力」や「闘争」について見つめています。障がいのある人にも、権力への欲望、社会的活躍を求める気持ちが、当然あります。誰もの奥底に眠るこの欲望を、演劇を通じて見つめていたら、宮崎の劇作家の永山智行さんの『配役』という台本にも出会い、劇世界がますます膨らみました。自由について考えるじゆう劇場、新作初演です。

原作:W.シェイクスピア

構成・演出:中島諒人

出演:じゆう劇場(石井優美 井谷優太 北村未菜 木山紅葉 國岡由佳梨 島田ひかる 武内美津子 西垣伸子

福角幸子 福角宣弘 藤木恵子 三好眞比郎 山本英子 和田尚也 齊藤頼陽 高橋等 安田茉耶)

じゆう劇場

鳥の劇場プロデュースのもと、2013年8月に活動を開始したプロジェクト。障がいのある人、ない人がいっしょに舞台を作り、日常では隠れがちなそれぞれの豊かさを発見し、観客と分かち合うことを目指す。継続的に作品を作り、鳥取県内外で作品を発表。2017年には「日本/フランス 障害者の文化芸術国際交流事業 2017ジャパン×ナントプロジェクト」でフランス・ナント市での公演も実施し、大好評を博した。

マクベス

シェイクスピアの四大悲劇の一つ。勇猛果敢だが小心な一面もあるスコットランドの将軍マクベスは、戦いに勝って帰還する途中の荒野で三人の魔女と出会い、「いずれ王になるお方」と予言される。その予言に突き動かされるように、妻と謀って主君ダンカンを暗殺し王位に就く。が、内面・外面の重圧に耐えきれず錯乱して暴政を行い、ダンカン王の息子・マルカム王子らの復讐に倒れてしまう。

障がいのある人の参加する演劇について

「スポーツにはオリンピックとパラリンピックの区別がある。しかし、アートにはその区別がないところが素晴らしい」というのは、ニューヨークのオフブロードウェーで高い評価を得ながら活動しているTBTB(1979年設立の障がいのある俳優を中心とした劇団。創立時は視覚障がい者のみによったが、現在は障がい種を限定しない。鳥の演劇祭にも三度招聘。)の芸術監督ニコラス・ヴィセリさんの言葉。全く同感である。それが人の心を動かすものであるかどうか、芸術の世界ではそれだけが評価の基準。だから「障がい者アート」という枠組みや「障がいのある人が作りました」みたいな注釈は、本当はナンセンス。そういうレッテルが消える日が将来来るなら、それが共生社会というものだろう。それまでの過渡的な道具としてなら、「障がい者アート」という言葉もありかもしれない。ともかく見てもらいたい、見てもらわなければ、レッテルが消える日も来ないから。鳥の演劇祭では、障がいのある人による演劇作品の紹介を、ミッションの一つと考えている。
鳥の演劇祭芸術監督 中島諒人

上演日時

  • 11月16日(土)15:00
  • 11月17日(日)15:00

11月

28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

会場

鹿野町総合福祉センター

料金

  • 大人 1,000円
  • 18歳以下 500円
  • 小学生以下無料

【主催】鳥の劇場運営委員会

【協力】鳥取県

【助成】文化庁2019年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業

期間
2019年10月24日(木)~11月17日(日)
会場
  • 鳥の劇場
  • 鹿野往来交流館「童里夢」
  • 「議場劇場」
  • 旧小鷲河小学校体育館
  • 鹿野町総合福祉センター

BeSeTo演劇祭26

主催
  • 日本BeSeTo委員会
  • 公益財団法人舞台芸術財団演劇人会議
共催
助成
  • 文化庁文化庁文化芸術振興費補助金(国際芸術交流支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

鳥の演劇祭12

主催
共催
  • 鳥取県
  • 鳥取市
助成
  • 文化庁2019年度文化庁 文化芸術創造拠点形成事業